2017年07月08日

認定内科医試験について

久しぶりになります

国家試験合格後市中病院で初期研修を行い,今は内科系プログラムで後期研修中です

現行制度は来年までですが,参考になることがあればと思い,

認定内科医試験についていくらか書いてみます



認定内科医試験とは


まずは認定内科医試験の概要についてです

認定内科医資格認定試験 | 認定医制度 | 日本内科学会

認定内科医は,最短で医師4年目で取得可能な資格です

初期研修2年+後期研修で内科系プログラムを選択し(認定施設での研修が必要),

3年目の冬(2月)に18例の病歴要約提出,翌4年目の夏(7月)に筆記試験を受けます

ちなみに合格発表は9月下旬です(なので自分もまだ結果待ちの状態です)

受験資格 以下(1)〜(8)を全て満たす者
(1) 日本国の医師免許を有していること
(2) 本会会員であること
(3) 2017年度までの年会費を完納すること
(4) 受験料を出願期間内に完納すること
(5) 本会認定教育施設において,次記の研修歴を有すること(試験日までに修了見込みの者も含む)
2004年(平成16年)以後の医師国家試験合格者
初期臨床研修2年間(その内、内科臨床研修6か月間以上)+教育病院または教育関連病院での内科後期臨床研修1年間(12か月間)以上=計3年間以上
(6) 病歴要約一式(18症例分)を不備なく提出できること
(7) 受持ち症例について筆頭演者として口頭発表した実績があること
(8) 医師免許取得後に救急蘇生講習会(JMECC,ACLS,ICLS)を受講していること



やはり大事なのは病歴要約(症例レポート)と筆記試験(マークシート)ですが,

ここではまずそれ以外のことについて書いておきます


内科学会への入会


意外と思われるかもしれませんが,入会は病歴要約の提出期限の2月で間に合います

新規入会手続き | 各種事務手続き | 日本内科学会

上記にあるように,入会日=入金日であり,入会年度が2月1日から翌1月31日までなので,

試験を受ける年である医師3年目の2月1日に内科学会に入会して,

すぐに願書を取り寄せ病歴要約など必要書類を2月中に提出すればいいのです

(願書を取り寄せるためには自分の内科学会IDが必要です)

ポイントは2月1日に入会金を振り込めるように入会書類を前もって取り寄せておくことです

(上記リンク先に新規入会手続き書類請求フォームへのリンクがあります)

年会費の9000円が浮けば試験対策費用に回せるので大きいと思いますが,

前年度に入会しておけば余裕をもって願書を準備できるのでそこはトレードオフです


受験資格の(7),(8)


(7) 受持ち症例について筆頭演者として口頭発表した実績があること
(8) 医師免許取得後に救急蘇生講習会(JMECC,ACLS,ICLS)を受講していること
の2つについてですが,

できるだけ初期研修のうちに済ましておくことをおすすめします

(7)については院内CPCや症例検討会でもよいとのことです

(8)については内科学会教育施設であれば院内ICLSやACLSでもよいとのことです

ちなみに自分は内科地方会での発表とAHAのACLSコースの認定証で提出しました



以上で概要+αについては終了し,次回から病歴要約と試験対策について書きます


【認定内科医試験】の関連記事
posted by medronome at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 認定内科医試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451633336
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック