2014年01月20日

マイナー対策講座(MEC)を見ました

さいきん食中毒が流行っており戦々恐々としております

浜松の学校食中毒、原因は給食のパン 欠席者1千人超す:朝日新聞デジタル

すっかり大ニュースとなった浜松の1000人超えだけでなく、日本各地でノロウイルスが猛威をふるっているようです

名古屋のホテルで客ら14人食中毒 ノロウイルス検出:朝日新聞デジタル
ノロウイルスか 学生77人に食中毒症状 山形の温泉旅館 - MSN産経ニュース

大学の同級生にも犠牲者が出たとか出てないとか聞きますし、ノロウイルスだけじゃなくインフルエンザも今年はワクチンが効いてない?なんて話も聞くので怖いです

私自身は夏の終わりにちょっと風邪気味になっただけでそれ以来とくに体調を崩すようなことはなかったのですが、ついつい就寝時間が遅くなってしまうときがあるので気を付けたいところです

それとお昼のワイドニュースは大衆向けなだけあって説明が分かりやすいです。ノロウイルスの約3割が不顕性感染ということを今になって知りました…


前置きが長くなりました。ちょうど復習がてらテキストを見直したのでレビューしておきます

image


vol.1(精神科・皮膚科・耳鼻咽喉科)

講師Dr.孝志郎
年度2013年度
コマ数精神科7コマ・皮膚科6コマ・耳鼻咽喉科5コマ
ページ数精神科75ページ・皮膚科85ページ・耳鼻咽喉科73ページ
内容精神科:統合失調症/気分障害/人格障害/外傷後ストレス障害/アルコール依存症/睡眠の生理と睡眠障害/認知症/プライマリケアでよくみられる精神科
皮膚科:皮膚の構造と機能/表皮の構造と機能/Langerhans細胞/言葉の定義の正しい理解が必要なもの/紅斑対策/色素斑対策/炎症性角化症/皮膚病理@A/光線対策/プライマリケア@〜➅/+α
耳鼻咽喉科:鼻科学@〜C/頭頚部末梢神経学@〜C/耳科学@〜D/頭頚部腫瘍@〜D/+α
オススメ度★★★★☆


まずはじめに年度のことですが、表紙は茶色で発行も2013年なのですが中身は2012年(第106回まで収録)です。それもあってかマイナーは第107回の解説講座が別にあります(取るコースにもよりますが)。あとなんとなくですけどやっぱり年を重ねるごとに洗練されていく(新しいほど良い)気がします。そういう意味ではある程度割り切って(網羅性は偽性にして)サマライズマイナーを選ぶのもアリかもしれません

さて各内容ですが、皮膚科は十分、耳鼻咽喉科はちょっと足りない、精神科はさらにもうちょっと足りない、という感じでした。皮膚科については目次を見てもわかるとおりけっこう力を入れている気がします。QB(私はサクセスですが)を解いていても「ああこれ見たな」って感じでスムーズに演習(復習)できました。いっぽう耳鼻咽喉科や精神科は扱ってない内容もそこそこある気がしました。ただレビューブックを見ていては暗記だけになってしまいそうなところをエピソードや病態生理(100%正しいかどうかは別ですが)を用いて教えてくれるので面白いです。ちなみに講義自体は卒業試験に合わせて見ていました

vol.2(泌尿器科・整形外科・放射線科・眼科)

講師Dr.孝志郎・Dr.田中
年度2013年度
コマ数泌尿器科5コマ・整形外科5コマ・放射線科2コマ・眼科6コマ
ページ数泌尿器科63ページ・整形外科49ページ・放射線科35ページ・眼科101ページ
内容泌尿器科:尿路系疾患総論/膀胱尿管逆流/排尿反射の理解が重要な疾患/前立腺肥大症と前立腺癌の鑑別/前立腺肥大症/前立腺癌/膀胱癌/腎細胞癌/精巣腫瘍/尿路感染症/性感染症/尿管結石/日常に潜む落とし穴/外科主義に必要な解剖学/+α
整形外科:脊髄および神経根の高位/頻出の末梢神経障害/大腿骨頸部骨折/膝のトラブル/足首のトラブル/骨肉腫/小児整形外科/内科疾患と関連性が深いもの/+α
放射線科:放射線障害/放射線防護/各種画像検査/放射線治療
眼科:眼科総論/外眼部感染症/ウイルス性結膜炎/角膜ヘルペス/ドライアイ/コンタクトレンズ関連疾患/白内障/緑内障/ぶどう膜炎/裂孔原性網膜剥離/糖尿病網膜症/網膜静脈閉塞症/網膜動脈閉塞症/中心性漿液性網脈絡膜症/加齢黄斑変性/網膜色素変性/網膜芽細胞腫/化学外傷/眼内異物/電機性眼炎/屈折異常、調節異常/斜視/弱視/眼科薬物
オススメ度★★★☆☆


こちらは眼科のみDr.田中が担当しています。おぼろげな記憶ですがたしかけっこう聞き取りやすい喋り方であのときは納得しながら見ていた気がします。いま見直してみると意外と?なメモもありますが(いかにテキトーに聞いていたかですね…)。泌尿器・整形・放射はマイナーと言っても内科・外科と比較的なじみ深い分野なのでまだすんなり理解(復習)できますが、眼科は言葉の定義からきちんと覚えなおさなければならないのが辛いです。けっきょくネットで調べたりすることも多かったです…。まあ何にでも言えることですが、良いところもあれば悪いところもある(なるほど〜と思うところもあればもう少し詳しく書いてほしかったところもある)ということです

ちなみにマイナーの中でもマイナーな麻酔科は収録されていません。麻酔科医はただ国試に受かるだけではなれないから出題されないなんて話を聞いていたので卒試勉強以外完全にスルーしていたのですが冬メックで出題されて少し焦りました。まあ最低限サクセスに目を通しておいたので(出題されても1、2問ですし)大丈夫だと信じたいですが…



posted by medronome at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ネット講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック